2017.05.  123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017.07.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
背中のしこり
080304-7.jpg
気付いたのは背中をマッサージしている時でした。
わんこは飼い主を見上げるから首が凝るというので、夜になると首から
背中にかけて毎日ではないけど気付いた時にマッサージをしてました。

2/9にいつものようにマッサージをしていて ふと背骨の上、首の後ろ中心あたりに2~3cmのグミのような固さのしこりがありました。人間で言う首の後ろあたりの出っ張った骨かな?と思ったら、触ると動きます。今まで絶対なかった。と思ったら不安でいっぱいになりました。

食欲も元気もあるし、ちょうど連休だったので休みが明けた2/12に病院へ行きました。
先生の診断でも「しこりだろう・・・と。」ただ、良性が悪性かはこの時点ではわかりませんでした。

病院へ行く前にネットで自分なりに調べた所、注射(ワクチンやその他の接種)でもしこりが残ってしまうことがあるそうです。位置的によく注射を打つ場所で、沙羅は12月に体調が悪くなり栄養剤の点滴を打っていて、その他にお腹の皮膚の炎症で抗生物質の注射を2回してました。
月に3本の注射は今までなかったし、あたし的には栄養剤の点滴のしこりじゃないだろうか??と思い、先生に聞いた所「その可能性もある。」とのお話でした。
問題のないしこり(注射の影響など)なら、半年ほどで徐々に小さくなっていくそうで、逆に悪性のものはどんどん大きくなり、内出血を起こし皮膚の表面が青アザのように見えたり皮膚から出血が起きたりするそうです。

いちおう、セカンドオピニオンで別の病院でも診察を受けたのですが同じ診断で、気になるなら手術で取って病理検査を受けるか、針検体だと言われました。針検体はしこりに針を刺してしこり中の細胞を取って病理検査に出す方法だそうです。(ただし、正確な判断は摘出より落ちるそうです。)

はっきりするなら、摘出もひとつの方法ですが麻酔での内臓へのダメージやこれから先、もっと大きな病気で手術をしなきゃいけないかもしれないことを考えると、もう少し様子を見ることにしました。

元気も食欲もあり、微熱もないし、皮膚の表面も異常なし。
三週間が経って、少し小さくなってきた気がします。
どうかこのまま小さくなっていきますように・・・
スポンサーサイト
2008.03.04 (Tue) 14:23
COMMENT
沙羅ちゃん心配ですね。
ワンコの異変に気づくと胸がバクバクします。
わたしやダンナが具合悪いときはこんなに焦ったりしないのに。
小さくなってきたみたいだし、なんでもないといいですね。
元気も食欲もあるならきっと大丈夫!
FROM pometeppei 2008.03.05. (Wed) 12:11 URL [EDIT]
ご心配ありがとうございます。
若い頃と違って、寿命にかかわる事だったら
どうしようと不安になります。
あたしもオットや自分だったら、楽天的だけど
沙羅や麗のことには、最善の方法は何かって真剣に
考えたり、悩んだりしてしまいます。
このまま小さくなってくれるといいのですが・・・
FROM ようよ 2008.03.05. (Wed) 23:52 URL [EDIT]
NAME
MAIL
URL
TITLE
COMMENT
PASS
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。